ルミガンの効果や使用方法・メリットなどについて

医薬品として認可されたまつ毛の育毛剤「ルミガン」

ルミガンは、「まつげを長く濃くする薬」として正式に承認されている医薬品です。
2008年12月にFDA(アメリカ食品医薬品局)より認可され、翌2009年の1月に発売と同時に人気となり、日本でもまつ毛を伸ばせる美容医薬品として注目されるようになりました。

まつ毛育毛の効果の高さから、未だに利用者は増え続けています。

ここまで人気となった最大の理由、それは、効果が立証されている唯一の医薬品であるという事が大きいと思います。更に、実際に使用した方の多くがルミガンの効果を実感し、その効果が目に見てわかりやすい事も関係していると思います。

ルミガンが製品化される前までは、まつ毛を伸ばす事のできる商品は医薬品ではなく美容液がほとんどで、どれも艶を出して見栄えを良くするだけのものでした。
中には、まつ毛が伸びたという体験レビューもあるようですが、医薬品として認可されていないという事は、薬事法に抵触する為、効果を伝える事はできません。

対して、ルミガンは使用開始から16週間に及ぶ臨床研究も実施されていて、以下に示す3つのポイントが改善した人が全体の8割ほどになる事が明らかになりました。
また、医薬品として認可されているので、どのような効果があるのかも明確です。

【ルミガンの使用により改善した3つのポイント】

  • 長さが:125%
  • 密度が:106%
  • 色の濃さ:118%

※現状を100%としての改善割合

長く伸ばすという育毛効果はもちろんですが、まつ毛1本1本を太くもしてくれます。
幾ら長くても、一本一本が細かったら何となく貧相に見えてしまいますが、
密度が増して全体のボリュームもアップしてくれるので見栄えが良くなるのです。

しかも、ルミガンにはメラニン色素を活性化する働きがあり、
まつ毛の色を黒く濃くしてくれるので、目の印象をより強めて大きく感じさせてくれます。

トップメニューへ戻る

言われて実感するうれしい効果

ルミガンを初めて使用する場合、初期と途中経過を写真で見比べないと効果を実感出来ない場合があるかもしれませんが、自分ではそれほど変化してないと思っている人でも、知り合いや友人、会社の同僚から指摘される事で効果を実感するケースもあるようです。

実際にルミガン利用者が言われた嬉しい変化をピックアップしてみました。

  • 付けまつ毛だと勘違いされた
  • まつ毛が長いと驚かれた
  • 目ヂカラが強くなったと言われた
  • 横顔の印象が変わったと言われた

以下のような感想も多くありました。

  • 伸びて長くなったのに全然抜けない
  • 不揃いだったまつ毛が生え揃った
  • 産毛が生えるのも実感できたのは嬉しかった
  • 美容液では感じられなかった変化を実感
  • マスカラの色が映えるようになった
  • エクステと同じくらいの長さになって自分でも驚いた

この他にも、中には「奥二重から、二重になった」という変化を感じている人も居たりなど、ルミガンには、まつ毛のボリュームアップだけじゃないうれしい育毛効果が期待できるようです。

これらは、あくまでも利用者の感じた事なので、全ての人に当てはまるものではありませんが、このような変化を実感できるのも、ルミガンを利用し継続する楽しみの一つとなってくれるのではないでしょうか。

トップメニューへ戻る

緑内障の薬から発見された有効成分「ビマトプロスト」

ルミガンの効果は、有効成分であるビマトプロストによるものですが、元々は緑内障の薬として使用されていました。


【緑内障のメカニズム】

目の水晶体などの血管の通っていない組織に栄養を運ぶ役割のある房水という液体があり、この液体の出口であるシュレム管という小さな穴が詰まってしまう事で起こる。その状態が長引くと眼圧が高くなり、視神経を圧迫することで視力に障害が起こる。


ビマトプロストには、緑内障の原因である高眼圧を下げる働きがある薬として、治療に使用されてきました。使用方法は、目薬として点眼する方法です。

眼圧を下げるためにビマトプロストを点眼を続けるうち、「まつ毛が長くなったような気がする」という変化を感じた緑内障患者が現れ、その事がきっかけで研究が進み、まつ毛を伸ばす副作用があるという事が解ったのです。

ビマトプロストには、毛包を刺激して毛周期の成長を促進し、
メラニン色素の生成を活性化する働きがあると解明されました。

そして、緑内障の薬としてビマトプトスロを取り扱っていた製薬メーカーのアラガン社により、まつ毛の育毛剤として製品化されたのがルミガンなのです。

トップメニューへ戻る

エクステ・マスカラ要らずで手間も省ける

今まで、エクステや付けまつ毛に使ったお金と手間を考えてみて下さい。
毎日マスカラを塗るのも手間がかかりますよね。

エクステは、専門店で付ける事もできますが、そんなに安いものではありません。
付けまつ毛にしても、糊がシワの原因になるとも言われていますし、マスカラも朝塗って、帰宅してからクレンジングしてと毎日繰り返すのは面倒で肌にも刺激となります。

しかも、どちらも時間が経てば何も残りません
ルミガンは自分のまつ毛を伸ばすので、明日はまたゼロになるというものではありません。
「まつ毛が生え変わるまで長いまま+毛周期延長効果」があるのがルミガンです。

エクステ・付けまつ毛・マスカラ、そして、ルミガン。
すべてまつ毛のボリュームをアップする方法ですが、お金と手間をかけて何も残らないものを選ぶか、それとも、少ないお金と少ない手間で形に残るルミガンを選ぶのか。

毎日にケアも本当に簡単です。

トップメニューへ戻る

使い方はとっても簡単!一日1回塗るだけ

ルミガンの使用方法は、とっても簡単。
「上まぶた側のまつ毛の付け根に、一塗りするだけ」なので、アイラインを引くよりも簡単です。

手順を記載しておきますので参考にしてみて下さい。

  • 1.メイクを落とします(化粧水でのスキンケア・コンタクトレンズを外すのはこのタイミングで行います)
  • 2.専用アプリケーターに1滴垂らします(衛生上、片目ずつが基本です)
  • 3.上まつ毛の付け根にラインを引くように塗ります(下まつ毛には塗りません)
  • 4.付け過ぎた分は、ティッシュやカット綿で伸ばさないようにふき取ります

以上で終了です。
慣れない人でも、短時間で済みます。

【注意点】
使用の際には万が一が無いように衛生面はしっかり管理する必要がありますので、専用アプリケーターに液を垂らす時は、容器の口が触れないようにして下さい。

※参考情報
専用アプリケーターは、衛生面を考慮して使い捨てするのが基本とされていますが、ルミガン使用者の中には、まつ毛美容液で使用していたアプリケーターを消毒しながら使っていて、特に問題なくまつ毛が伸びているという方も居るようです。

ルミガンは3mlのタイプが主流ですが、利用者の平均ですと、1本を毎日使用しても1~2ヶ月程度は使えるようです。
簡単な方法で手間無くまつ毛のボリュームアップができるだけではなく、コストパフォーマンスに優れているという事が解ると思います。

>>ルミガン製品詳細・購入に関してはこちら